FC2ブログ
2007/04/28 (Sat) プリマドンナの憂鬱のメモ


プリマドンナの憂鬱


結果は成功。

偶然でもあるのでしょうけれど、蟲の知らせが活用できてよかったわ。
威力の上では完全な「死にアビ」なので、こういう状況ででもないとなかなか使いづらいのよね(笑)。
ただ、もっとスマートな方法があったかもしれないわね……。
その点については少し反省しているわ。

今回は清掃部で一緒のグローリアとクレナイもこの依頼に参加していて。
折角だし、次回辺り二人を誘って黙示録にでもいってみようかしら。

スポンサーサイト

日々 | trackback(0) | comment(0) |


2007/04/26 (Thu) リサイクルバトンパート4&5


【はじめに】

このバトンの中では、あなたにバトンを回して来た人の事を
「あいつ」とします。

あなたが思う、あいつの印象etc…正直にお答え下さい
 

0.あいつの名前を教えてください
シェイテイ・ヒビキ
クナギ・ミツル


1.ぶっちゃけあいつとどういう関係?
2人とも、大切な友人。


2.あいつを色で例えると?
ヒビキ:薄いけれどつややかなピンク。包帯の間からのぞくルージュの色。
ミツル:金のラメの混じった、ワインレッド。華やかで濃いけれど決して重くはないイメージ。

3.あいつを四字熟語で例えると?
例によって創作で。
ヒビキ:叫歌響鳴
ミツル:麗朗弾笑

4.あいつの良い所、ひとつ教えて。
ヒビキ:気さくで思い遣りがあるところ。
ミツル:華やかで明るいところ。

5.あいつの嫌な所、ひとつ教えて。
ヒビキ:たまには正面から素顔を見せて欲しいわ(笑)。
ミツル:仕方のないこととはいえ、接点が少ないことね。結社を作っているようだから足を運んでみようかしら。
 
6.あいつに唄わせたい歌は?
ヒビキ:AJICOの『波動』
ミツル:ジッタリンジンの『夏祭り』
……本当になんとなく、ね。

7.あいつと遊びに行くならどこ?
折角だから3人で、ショッピングしたりカラオケしたり……女子高生ってそういうことをするものなのでしょう?
やってみたいわ。

8.あいつと一日入れ替われたら、何をする?
ヒビキ:チェンソー堪能の後は、素顔をじっくり拝見。
ミツル:ワードローブとメークを研究。

9.この場を借りて、あいつに言ってやりたい事があれば。
2人とも、また大阪で会えるのを楽しみにしているわ(笑)。


10.あなたについて答えさせたい、次の回答者を最大5人。
今までと一緒。


バトン・質問 | trackback(0) | comment(0) |


2007/04/18 (Wed) リサイクルバトンパート2&3、それと……

【はじめに】
このバトンの中では、あなたにバトンを回して来た人の事を「あいつ」とします。
あなたが思う、あいつの印象etc…正直にお答え下さい

0.あいつの名前を教えてください
ジュジョジ・タツマ
カスミ・マサト

1.ぶっちゃけあいつとどういう関係?
2人ともボーイフレンド、友人……かしら。
一緒にいて楽しいし、エスコートもそれなりにきちんとできるし。
日本人男性はシャイで不器用と聞いていたけれど、こういう人たちもいるんだなと安心したわ。

2.あいつを色で例えると?
タツマは薄いグレイの地に色とりどりのボタンを散りばめたようなそんなイメージ。
ボタン見本ってあるじゃない。あぁいう感じ。

マサトはオレンジの地にピンクやライムグリーンのマルチボーダー。
あの髪、地毛なんでしょう?印象的過ぎるわ。

3.あいつを四字熟語で例えると?
……難問ね。
2人まとめてでもいいかしら。

遊楽舞闘

2人とも戦いのなかでも遊び心や洒落っ気を忘れず、遊ぶときには真剣にそれに取り組んでいる風に見えるから。
生きるということを積極的に・精力的に楽しんでいるイメージ……というと大袈裟過ぎるかしら(笑)。

4.あいつの良い所、ひとつ教えて。
誰かを楽しませることが心底好きで、それがとても上手いところ。

5.あいつの嫌な所、ひとつ教えて。
羽目を外し過ぎないようにね?(笑)

6.あいつに唄わせたい歌は?

マサト:nobodyknows+の『ココロオドル』。
バカみたいに盛り上がって歌って欲しいわ。
こういう曲でみんなを狂騒の渦に巻き込む役回りが、似合うと思う。

タツマ:小沢健二 feauturing スチャダラパーの『今夜はブギーバック BOOGIE BACK (nice vocal)』。
マサトよりはもうちょっと落ち着いてハイセンスな雰囲気で。
でもやっぱり『ダンスフロアーの華やかな光』が似合うと思うわ。

7.あいつと遊びに行くならどこ?
というわけで、3人でクラブに行きましょうか。

8.あいつと一日入れ替われたら、何をする?
タツマ:可愛いガールフレンドに会いにいって一日過ごす。
マサト:……髪質の解明。

9.この場を借りて、あいつに言ってやりたい事があれば。
二人纏めてしまってごめんなさい。
なんとなくあなたたちは印象が似ているものだから……

10.あなたについて答えさせたい、次の回答者を最大5人。
みんなこのバトンを何本も回答しているようだから、特に指名はしないけれど……
ここからリンクさせて貰っているブログの持ち主や、私と接点がある人なら誰でも歓迎。
飽きていないという人は暇つぶしにでも回答してくれると嬉しいわ。

バトン・質問 | trackback(0) | comment(9) |


2007/04/16 (Mon) オフ会参加


個人的な備忘録以上でも以下でもないけれど。


ゾンビ清掃部からの参加が11時の自己紹介時点で私と一緒に来たユゥの2人だけ。
「私を知ってる人なんていないだろうけれど……」と思いつつ自己紹介を述べると、「おぉ……」と会場各地でざわめきが。
この学園でも黒人の女生徒というのは、それだけで目立ってしまうみたいね。
私も自分以外には知らないし。

今回のオフに参加した1番の目的でもある櫻MSにご挨拶。
あちらも私のことを覚えて下さっていて、「いつもお世話になっています」などと勿体ないお言葉を頂く。
背後がミーハー根性丸出しでサインをねだると「クレールさんはそんなことしないですよ!!」とおっしゃりつつも笑顔で応じて下さる。

ユゥと2人でランチをすませて会場に戻ると、モモとタツマの姿が。
モモが次から次へと取り出すお菓子をつまみつつ(主にタツマの伝説ネタで)談笑。
話の流れで、タツマのガールフレンドの名前が出たときに、私たちの前に陣取っていた結社『戦闘楽団デスパレード』の面々が一斉にこちらを注目。
どうやら、共通の知人だったようで……

私の背後がオフ会グッズ入れに入れている『鳥肌実の公演フライヤー』(名刺やカードが見えないようにするために入れているが、逆に注目度が高まることがままある不思議な代物)などをネタに話が盛り上がる。
これをくれたのはアサキなので、彼女には改めて感謝を。

抽選会が行われるも、私たち4人のなかではモモに紅茶が当たったのみ。
「こんなに飲まない」とのことなので、五つほどもらう。

その後は和やかに歓談ムードが続き、お開きに。

何というか、清掃部では「いつもの」面々にしか会えなかったわね。
5月のオフには、もっと色々な人に会えるのかしら……楽しみね。


日々 | trackback(0) | comment(1) |


2007/04/12 (Thu) 殲滅戦とはいうものの

全てを倒しつくす、という訳ではなかったようね。
……まぁ「死んだ土蜘蛛だけが良い土蜘蛛だ!」というつもりはないのだけれど(笑)。

誤解していたのだけれど、彼らはゴーストではないのね。

世界結界がゴーストの存在とともに覆い隠してしまっている彼らは、どういった存在なのかしら……
まぁ同じような存在は彼らだけではないようだし、これから明らかになっていくのでしょうね。


追記はグローリアからもらったリサイクルバトン。

日々 | trackback(0) | comment(2) |


2007/04/11 (Wed) バトンにバトンに……吸血鬼


とりあえず人狼と吸血鬼は敵対する勢力のようね。
人間に害をなす、という観点からするととりあえず吸血鬼とは組めないでしょうね……

人狼というのは「能力者のジョブ」なのかしら。
猫変身、みたいな感じで狼に変身できるのが本業のジョブ……ありえないとも言い切れないわね。

(人狼萌え~と叫ぶ背後を踵で踏みつけながら)……追記はアサキからの「色々バトン」。

バトン・質問 | trackback(0) | comment(3) |


2007/04/05 (Thu) ●日→英→日翻訳で恋愛を語るバトン●


クラス替え。


私の席は廊下側の前から2番目……相変わらず、後ろの人には非常に申し訳ないのだけれど。
と思ったら隣の人も私と同じくらいの身長で……、何を基準に席をきめているのか、謎ね。

担任はロマンスグレーな生物教師。
前の担任は軽薄な感じで……正直、あまり好みではなかったけれど。
今回の人は男性としては、悪くないタイプね。


追記はバトン。
内容はタイトル参照。

読む人はとりあえず、「近所に共鳴」してみて頂戴。
……何を言っているか分からないでしょうけれど、それは私も同じだから心配しないでね?(笑)

バトン・質問 | trackback(0) | comment(6) |


2007/04/02 (Mon) 優先順位


リアイベに寄せて。




日々 | trackback(0) | comment(0) |


2007/04/01 (Sun) 幽艶ロマンスのメモ


幽艶ロマンス

結果は成功。
囮役を上手く引き付けられて一安心ね……
今回はリリスが接近しても、特に電波障害などは発生しなかったわね。
ゴーストが電波に与える影響は、個体差が大きいみたい。


ブックカフェ……素敵な場所だったわ。
機会があれば、また行ってみたい。


追記はプレイングの保存。

日々 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

クレール(b15435)

Author:クレール(b15435)

この作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、クレール(b15435)が作成を依頼したものです。
イラストの使用権はクレール(b15435)に、著作権はマハラジャ裕子絵師に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア